イオンディライト
メニュー

3年目に向けた削減

VE手法を用いたコスト削減提案

経営視点に立った中長期的なトータルコスト削減を目標に

バリューエンジニアリング(VE)の導入

医療経営の中長期的な課題に向き合いながらコスト削減を進めていくため、「ホスピタ1・3・5」では、3年目を見据えVEを取り入れたコスト削減提案を実施します。 VEとは、サービスの「価値(品質)」を「機能」と「コスト」の関係で把握し、システム化された手順で効率化を図る取り組みです。例えばイオンディライトではこれまでひとで行なっていた作業を機械化、無人化、効率化などに置き換え、同様或いはそれ以上の品質を出す研究を進めています。 無人化、機械化に置き換業務に従事しながら外注費やエネルギーコストといった支出コストの削減を進めていきます。

40年間の実績を持つ施設管理ノウハウ

「ホスピタ1・3・5」では、VEに加え、イオンのバイイングパワーと業務効率化、仕様変更の大きく4つの手法を併用し、施設管理を行いながらコスト削減提案を行います。この一元化された統括管理体制の構築および標準化が、最もコスト削減効果を生むことを、イオンディライトは40年以上にわたる施設マネジメントの経験から知っています。

調達コストや人件費を最適化

3年目に向けたコスト削減のポイントは、業務開始時のコスト削減に加え、業務の就業後の経験値をお金に変えていくことです。ここでの”お金に変える”とはコスト削減の要素に変えていくことです。 病院施設は様々な特殊用途の複合体です。実際にサービスに従事しながらその施設の特性を良く判断した上で見えてくるコスト削減ポイントについては、お客様へ順次、能動的提案していきます。サービス仕様や資材調達方法の変更、業務効率化、人員配置変更などをご提案します。

3段階のバリュー

まずはお気軽にご相談ください!

イオンディライトは40年の歴史を誇る総合ファシリティマネジメント企業。衛生清掃以外にも、ビルメンテナンス関連のお悩みに解決策をご提案できます。まずはお気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、弊社のプライバシーポリシーに同意していただいた上で、までお送りください。また、お問合せ内容によりご返答までにお時間をいただく場合があります。

※ 当サイトに記載の条件は、当サイト以外からからお申し込みされたお客様には適用されない場合がございます。